FC2ブログ

もう、おもらししてしまいます-お漏らし体験談・小説・動画blog-

セルフおもらし動画

ここでは、「セルフおもらし動画」 に関する記事を紹介しています。
トイレへ行けなくて・行かせてもらえなくて、でもおしっこが我慢できなくて、だけどもここでお漏らししてしまったらもうおしまいで・・・・絶対にしてしまいたくないのに我慢しきれなくって、絶対にしてはいけない場所でおもらししてしまうことにドキドキしてしまいます。
そういう自分の秘密の性癖を満たしたくて、自分のおもらしの体験をカミングアウトしたり、叶わないおもらしの妄想を小説にしたり、ドキドキするおもらし動画の話を書いたり、自分のおもらし姿を写真や動画で晒したり、 自分がドキドキするおもらしをこっそりいっぱいブログに集めています。
※ブログ拍手機能がわかっておらず、コメントいただいていたのに気がついておりませんでした。みなさんありがとうございます!嬉しくドキドキしながら読ませていただきました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい学校に転校してきてから1ヶ月。私はクラスにちっとも馴染めずにいた。
最初は一所懸命馴染もうと頑張って喋ってみたりクラスメイトに声をかけてみたりしたが、どうも言うことやること裏目に出て皆から浮き、皆から避けられるようになって私は孤立していた。
前の学校では活発なほうだったけれども、今はこの状況が飲み込めずすっかり声を発することもなくなってしまった。

ある日、休み時間にトイレへ向かうとトイレの入り口でクラスメイト数人に阻止され、私はトイレへ入ることを許してもらえなかった。彼女たちの主張は、私なんかと同じトイレを使いたくないとのことだ。トイレに行きたいのならば自分たちのいる校舎のではなく別校舎のトイレを使えと言われ長く伸ばし大事にしている髪の毛を乱暴にハサミで少し切られ、自分たちと同じ校舎のトイレを使おうものならばその髪を完全にズタズタに切ってやると脅され、別校舎のトイレへは往復したら最大限頑張っても10分はかかってしまうしこの休憩時間でのトイレは諦めるしかなく、私は次の授業の50分間我慢して我慢して、やっと次の時間の休憩時間に教室を飛び出し、離れの別校舎でトイレに行くことができたのだ。

その日以来、私はトイレは別校舎にしにいっているので行くことのできないことも多いから朝から飲み物は最大限控えて午前中は我慢してお昼休みの時になるべくしにいくように気をつけていた。
きちんと時間でスケジュールたててトイレに行けばいいのだ。それだけのことなのだ。

しかしそれから数週間後の学期末、思わぬ事態となってしまった。
期末テスト期間で授業は午前中だけだし午前中トイレにいかなければいいだけだと思い、私はいつも通り飲み物は控えて期末テストを受けていた。
しかしその日は雪が降っており教室もいつもよりだいぶ寒く、飲み物を控えていたはずなのになんだかいつもと違って急激におしっこがしたくなってきてしまった。
(どうしたんだろう・・・・・おしっこがしたくなってきちゃったけど・・・・このあとも1科目あるし・・・)
私は初めての事態に少しパニックになりはじめていた。
テストの終了時刻になり、クラスの皆はトイレへ向かうが、私はこの校舎のトイレには行けないし別校舎まで行ってもし時間をすぎてしまったら期末テストを受けさせてもらえるのかもらえないのかも分からないので、私はじっとあと1科目我慢することにした。
(今までだって一度もトイレに失敗したことなんてないしこれくらいだったらまだ大丈夫だよね・・・?)
そう思っていた。
そう。私は小さい頃からトイレの失敗をしたことがなく、おねしょだってしたことが無いので正直間に合わなくてお漏らしするような人の気持ちはさっぱりわからなかった。なんでトイレに行かなかったんだろう、ってバカにして少し軽蔑していた。あんな惨めな失敗は私はしない。自分はちゃんと我慢ができる。このときもそう思っていた。

最後の科目のテストが終了する頃、私は今まで経験したことのない尿意に襲われ頭の中が真っ白になってきて俯いていた。

「おもらし」

初めてこの単語が頭の中をよぎった。
私がおもらし・・・おもらししてしまう・・・・?!
自分では意識がなかったが、体や足はせわしなく動き、誰がどう見てもおしっこを我慢している人以外の何者でもない様子になっていた。
だが、プライドだけはいっぱしの私は勿論今すぐトイレの許可を得て行くことも敗北するようで無理だったし、そもそもそんなことをしたら今後クラスメイトにどんな屈辱的ないじめを受けるかわからないので私はなんてことないような顔をして我慢し、別校舎のトイレへ行くしか選択肢がないのだ。
早くホームルームが終わって別校舎のトイレに駆け込みたい。それだけを思って我慢し続ける私に更なる不幸が襲った。

「他のクラスでカンニングが横行しているので臨時の学年集会を行うことになった」
と、担任が信じられないようなことを言い出した。
「すぐ集会を行うので5分休憩やるからトイレに行きたいやつは今行って来い」

・・・・私は席から動けなかった。
5分では別校舎のトイレに間に合わない。ふとまわりを見渡すと私を見てニヤニヤしているクラスメイトの顔が飛び込んできた。私がおしっこを我慢していることがバレてしまっているのだろうか・・・。ちゃんとしなきゃ・・・・。
そんなことを思っている間にトイレ休憩は終わり、皆で体育館へ移動し学年集会が行われた。

体育館への移動中も体育館へ着いてからも、私はもうポーカーフェイスを装うことができなくなってしまい、体をガタガタ震わせ、呼吸は荒くなり、もうじっとしていることができなくなってしまっていた。
その様子を見たクラスメイトたちに「トイレが我慢できないでちゅねぇwww」とか「もれちゃうっ!もれちゃうっ!」とか「汚ねぇから絶対漏らすんじゃねぇぞ!」とか周囲から囁かれ冷やかされ続けた。

集会が始まって15分。
私はいよいよ本当に我慢が出来なくなってしまって顔面蒼白になっていた。
(漏れちゃう・・・・おしっこを漏らしてしまう・・・・・このままでは・・・おもらししてしまう・・・・・)
ひたすらひたすらおしっこの出口に力を入れて閉じ、どんなにおしっこがしたくなっても絶対に出さないようにぎゅっと閉じていたのに・・・・・・・・
遂におしっこが一瞬、タラァ・・・っと漏れでてしまった。
(!!!!!!!!)
私は硬直して動きを止めた、が、またすぐに大きな尿意の波が襲ってきて体をガクガクガクガク震わせた。
(お願い・・・おもらしなんて・・・・私がおもらしなんて・・・・・お願い・・・・絶対に出てこないで・・・)
(・・・・おしっこが・・・・・おしっこが・・・・もう・・・・・絶対に我慢しないと・・・おしっこが・・・・・)
生まれて初めての失禁の恐怖に涙がこぼれ、時々漏れでてしまう声にクラスメイトはヒソヒソ笑うのだった・・・。
(おしっこがしたい・・・おしっこがしたい・・・・・・・トイレに行かせてください・・・・・もう・・・・)




我慢に我慢を重ね、何度もちびりながらもぎゅっと出口を閉じ我慢し続けたが、遂に最大限の尿意の波に飲まれ我慢ができなくなってしまい、皆のいる体育館で体育座りのまま、私は遂におもらしをしてしまった・・・・。
おもらしの最中も何度も止めようとするが、少し弱まってもまたジャァァァ!!!と出てきてしまい、私の周りには大きなおしっこの水たまりが広がって行って周りは騒然とした。
「おしっこもらしてるよ・・・・」「え?おもらし?!まさか?!」「おもらしだ・・・」「しょんべん漏らしてる!!」「中学でおもらしとwww」「え?どこ??誰?誰??」「汚ねぇよwwwwww臭せぇwwww」
別のクラスの方からまでそんな声が聞こえてきた。
私は恥ずかしさで顔を上げられず下を向き、声を出して泣いてしまった。
そこで1番言われたくなかったことを大声で叫ばれ、私は完全に自我崩壊してしまった。

「先生ー!!鈴森さんおもらししています!!!」

わぁ!!!っと学年中大騒ぎになったなか、私は自分のおしっこの中に俯いて座り続け、近寄ってきた女性教師に「立ちなさい。保健室へ行きましょう」と声をかけられ、びしょびしょのおしっこを垂らしながら情けなく立ち上がり、皆に蔑まれながら体育館を去るのでした・・・・・。


==========================================

という妄想をしながら今回も我慢しました・・。毎回設定が暗くてすみません。
でもどうしても悲惨で惨めで羞恥で壊れてしまうようなお漏らしにドキドキしてしまうので、おしっこ我慢中の妄想もこんな風になってしまいます。あと、学校設定だと特に実体験の気持ちがよみがえってしまってバカみたいに泣いてしまいます。悲しくて恥ずかしくてっていうのが何故こんなにもしたいのだろう・・・・自分でも謎です。
いつものことですが相変わらず体が太っていてごめんなさい・・・少し痩せます・・・・・


俺は予備校の講師をしている。
予備校といっても美大を目指す高校生や浪人生が通う美術の予備校で、俺は美大の院生をやっているので空いた時間にバイトで講師をやっているというわけだ。
受け持っている生徒の中でひとり、何かと俺に付き纏ってくる子がいて、俺の個展があれば必ず見にやってくるし、俺の誕生日の際は顔を赤くしながらプレゼントを渡してきたりもしたが、俺は特に好みでもなく面倒なので適当にあしらっていた。
だが、その子をなんとなしに見ているうちに俺は気がついたことがあって、この興味のなかった子にひどく興味を持ちはじめてしまった。
その子はみんなに青葉と呼ばれていて、どちらかというと大人しく地味なタイプで俺の好みとは全く合わないのだが、ひとつだけ、いつも講義が長引くと落ち着きが無くなってソワソワしだしたり、足をすりあわせるような仕草をして、終わると同時に足早にトイレへ向かうことが多いことに気がついたのだ。
この子はトイレがとても近いのだろう。そう気がついてからよく観察してみるとよくそのような状態に陥っていることが分かり、俺は時々わざと時間を長引かせて、この青葉のおしっこ我慢姿を楽しんでいた。
俺のことを好きだからトイレに行きたいと言うのも言いにくいのだろうということも良く分かっていた。良く分かっていたから散々長引かせ、我慢姿を堪能していた。

しかし、欲望というものは恐ろしく、青葉がトイレに行けず皆の前で惨めにおしっこを漏らしてしまうところを見てみたいという気持ちが強く湧いてきてしまった。
俺はそんな衝動を抑えることが出来ず、強力な利尿剤を手に入れ、青葉を罠に嵌めることにしたのだ。

決行の日。
俺のクラスでは持ち回りで生徒ひとりにデッサンモデルをさせ、5分ごとにポーズを変えて90分間どんどんデッサンしていくっていうのをやっていた。そしてこの日のモデルの持ち回りは青葉で、だから俺はこの日に決行することにした。

1コマ目の講義が終わり教室から出てきた青葉を俺は呼び止めた。
ちょっと個人的な作品の片付けを手伝って欲しいと声をかけると青葉は嬉しそうな顔をして頷いてアトリエについてきた。
アトリエに着いてからほんとはどうでもいい片付けの手伝いをさせ、
「青葉ありがとう。疲れちゃったね。ちょっと休憩してから行こう!・・・あ、ちょっと待って、美味しいお茶があるからさ、ふたりで飲んで一服してから行こうよ。」
と俺は冷たく冷やした利尿作用の高いお茶に用意してあった利尿剤を混ぜ、400ml以上は入りそうな大きなコップに入れて青葉に渡して飲むよう勧めた。
「これお土産で貰った中国茶で美味しいらしいんだけどどうかな?」
なんて嘘をついたが青葉は疑うこともなく、量にちょっとビックリしていたが、
「このコップ、アウトドア用に最近買ったんだけどいっぱい入るし可愛くて結構良くない??」
なんて俺が言うと嬉しそうな顔して「はい!」と言いながら残しちゃ悪いと思うみたいで一所懸命飲んでいた。
勿論俺は、こんなお茶は飲んだりはしない。

俺はどうでもいいような話をしてデッザンの授業が始まる時間を少し過ぎるまで話続け、時計をチラチラみる青葉が「先生そろそろ時間に・・・」と言ったので
「あ!やばい!もう過ぎてるじゃん!!急いで行こう!ほら立って!行くぞ行くぞ!!!!」
と青葉の肩を押しながらトイレに行く間を与えずデッサン室に青葉を連れていった。
デッサン室に他の生徒はもう皆揃っていたので俺は青葉をモデル用の椅子に座らせ、デッサンの授業を開始した。

最初はちょっと嬉しそうな顔をして俺の顔をチラチラみてきた青葉が、30分を過ぎた頃からだんだん様子がおかしくなってきた。
顔には焦燥感が浮かび、困ったような顔をして俺のことを見ては下を向き、時々足をピクッピクッと動かしていた。
「青葉、5分置きにポーズ変えていいからあまり動かないでちゃんとしててくれ。」
とわざと少し不機嫌そうに青葉に言うと、青葉は大好きな俺に嫌な顔をされて泣きそうな顔をしながらピタっと動きを止めた。

しかし、利尿剤を飲まされた尿意はおさまるところなくどんどん強くなり、青葉の目は泳ぎ出し、ポーズを変えることすら出来なくなってしまったようで、カタカタ震えながらじっと座りだしてしまった。
「落ち着き無く動くくせにポーズも変えられないのか。みんな真剣なんだ。青葉も真剣にモデルをやってくれ。」
と、俺はわざと更にキツく青葉を叱った。青葉は泣きそうな顔をして俯いたが、
「青葉がちゃんとモデルできないようだがお前らはそのままどんどん描け!何枚も何枚も描け!!!」
と俺は強く怒鳴り、デッザン室内はすっかり張りつめた緊張した空間になってしまった。
これで青葉は絶対にトイレに行きたいと言い出せないだろう。たとえ言い出したとしても俺は絶対に行かせないが。

デッサンが始まってから50分が経過した。
青葉は小刻みに震えて、下を俯き、足を強く閉じて手はスカートを握って目に涙を浮かべていた。
そんな様子を見て当然ながら他の生徒たちもおかしいと思いはじめ手を止め、
(ねぇ・・・・)
(うん・・・だよね・・・?)
(トイレ??なんか我慢してるように見えるけど・・・)
などと囁きだし、
「先生・・・青葉ちゃん、なんか・・・」
と青葉と同じ女子校の同級生が声をかけてきたが、
「黙って真剣に描け!口を開くな!!もっと真剣になれ!」
と俺が一喝すると皆少し怯え黙って、おしっこを我慢して震えている青葉の絵を戸惑いながら描き続けた。

俺は青葉の真正面に座って青葉の壮絶なおしっこ我慢姿を真っすぐに眺めていた。
俺は別に今日のことでクビになったって構わない。たかがバイトだ。俺は絶対的に青葉におもらしをさせる、その意志は一切変わらなかった。

青葉からハァハァと吐息が漏れ始め、デッザン室に響いていた。
青葉は時々「あっ・・・・」と小さく声をあげるとビクっとして硬直し、その後またすぐに体をくねらせ、スカートを握りしめ、足をせわしなく動かし続けた。
始まってから60分が経過し、青葉はいよいよ我慢が出来なくなってしまったのか、手が無意識に恥ずかしい、股の部分にギュッと伸びるようになって、ポロポロと涙を流し始めた。

遂にその時が来たか。
俺は瞬きもしない勢いで青葉を直視し続けた。
青葉は縋るような目で時々俺のことを震えながら見たが、俺は表情を変えること無く青葉を真っすぐに見つめ続けた。



ピチャピチャと音が響き始めたと思ったら青葉の下にはどんどん漏らしてしまったおしっこが広がり、どんどん大きなおもらしの跡を作っていった。
遂に大好きな人と皆の前でおもらしをしてしまった青葉。
青葉は泣きじゃくって、椅子も床も服もびしゃびしゃにし、自分がおもらししてしまったおしっこの中でただただ座り続けていた。
他の生徒達も騒然としたが「描け!描き続けろ!!」と俺は言い、恋をしている俺と皆の前でおしっこの我慢を一部始終見られて絵に描き続けられ、 高3にもなっておしっこがどうしても我慢できなくなったデッサン室でのおもらし姿を、惨めに情けなく描かれ続けるしかなかったのだ。
俺は今までに無いくらいに興奮した。
しばらくして俺の青葉はもう一度体を震わせたかと思えば、力無くおもらしをして頭を垂れ、そっと目を閉じた。


【あとがき】
今回はなんだか好きな人の前でおもらししてしまうという空想をしてしまいました。なんだか気持ちが入りすぎてしまって、涙が止まらなかったです・・・・。
いつも自分目線のストーリーでしたが、見ている人目線に今回はしてみました。悲しいのだけども、こんな目に遭ってみたい・・・・・。
このあとこの青葉はトラウマになって私みたいになってしまうのでしょうね。



私はこの日、6時間目が始まった頃からトイレに行きたくなってしまってずっとおしっこを我慢していた。
中学2年生にもなると授業中にトイレに立つことも恥ずかしく思え、まだ我慢できそうだし帰りのホームルームの前にトイレに行ってこようとかそんなことを思っていた。
6時間目の授業が終わり、私は結構おしっこがしたくなってきてしまっていたので足早にトイレに向かおうとしたが、日直であった為先生に呼び止められ、プリント運びを手伝わされてしまい、とうとうトイレに行けぬままホームルームの時間になってしまった。

(早く終わらないかな・・・。トイレに行きたいんだけどな・・・・。)

私は少しソワソワしながらもおしっこを我慢して、号令をかけ、やっと放課後の時間になったのだが、放課後はバスケの部活があって少し時間も過ぎてしまっていたのでとりあえず体操服を持って走って更衣室へ向かった。
更衣室で体操服に急いで着替え、トイレを済ませてしまおうと足早に更衣室を出て、体育館とは反対の方向トイレへ向かったのだが、そこで3年生の先輩と鉢合わせしてしまい、体育館に向かわないでどこに行くつもりなのだと問い質されてしまった。
私はあまり部活が得意でなくいつも足を引っ張っているので3年の先輩からはいつもいじめられており、少し怯えながら、
「トイレに行ってきてすぐに体育館に向かいます」
と言い、一礼してトイレに向かおうとしたのだが、先輩にグッと腕を掴まれ、
「部活開始の時間は過ぎているでしょう?体育館に向かいなさい。」
と冷たく言われ、腕を引っ張られてトイレに行けぬまま体育館へ連れて行かれてしまった。

今日の部活は40分間。そのあとはミーティング室で部の全体ミーティングの予定だ。あと40分我慢すればトイレに行けるから頑張ろう、私はそう思っていた。

部活動が始まってからはどんどん高まる尿意にかなり焦りを感じ始めてきてしまった。大きく動くとおしっこを漏らしてしまいそうになるし、かといってじっと立っていてもおしっこが漏れてしまいそうになってしまう。
だんだんじっとしていられなくなってきたけれども、尿意が切迫しているということがなんとかバレないように、私は出来る限り平静を装っているつもりだったのだが、3年の先輩たちはそんな私の姿をみて目を見合わせニヤリと笑い、気がつかないふりをしながら私のおしっこ我慢を観察していたのだ。

頭の中に「おもらし」という言葉が浮かび始め、恐怖心が湧き始めた頃、やっと部活の時間が終わった。
これでトイレに行ける、と思った次の瞬間、
「ではミーティングを始めるのでミーティング室に移動しましょう」
と2人の先輩に腕を掴まれ、私はミーティング室に連れてかれ、部屋の中に押し込まれてしまった。
私はもうとてもじゃないけれどもおしっこが我慢できそうにないので焦り、
「あ、あの・・・!もう・・・ちょっと・・・お願いです、ミーティング前にトイレへ行かせてください・・・!!」
と私は懇願して腕を振りほどこうとしたが、
「ミーティングから抜け出そうとしてるんですけど〜!!」
と言われ、先輩たちと先輩に命令された同級生たちに拘束され床に座らされ、足を閉じられぬよう両足をそれぞれ開いて縄で棚の脚に括り付けられ、両腕もそれぞれの足にテープで縛り付けられて、足も閉じられないしトイレにも立てないしどうにもできない状態にされてしまった。
私はパニックになってきて、
「トイレに行かせてください!もう我慢できないんです!お願いです、トイレに行かせてください・・・・・!!」と懇願し続けたが、
「ミーティングが終わったら行けばいいんじゃないの??」
と、冷ややかに言われ、私を無視してミーティングは始まってしまった。

私は荒れ狂う尿意に襲われながらも足を閉じることもできないし、この姿勢が膀胱を少し圧迫しているので今にも本当におしっこを漏らしてしまいそうになってガクガク震えていた。
そんな私を一年生の後輩らは気の毒そうな目で時々見てくるが、私と目が合うと皆、目をそらし下を向いてしまった。

(もれちゃう・・・・本当にもう・・・おしっこをもらしてしまう・・・・・・・)

私が絶望的な気持ちでもがいておしっこを我慢し続けている中、ミーティング室の扉がガラリと開き、男子バスケ部の先輩たちが部屋の中へ入ってきた。

男子の先輩たちは私のことを見ると
「え?これ、この人のこと何してんの???」
と私のことを指さしながらいい、女子の先輩が
「ミーティング抜け出そうとするから抜け出せないようにしてやったんだ」
と笑いながら答えると皆、大笑いしはじめた。

「てか、この人、なんかトイレでも我慢してるんですかぁ〜〜??なんか動きとかチョ〜〜ウケるんですけど!!!!」
と、男子バスケ部の先輩たちは笑い続けた。
私は恥ずかしくなって俯いたが、そんな中、男子の先輩はポケットからスマホを取り出し、
「録画してLINEでみんなに見せてやろうぜーーー!!」
と、私に向けてスマホを固定し、録画ボタンを押して録画を開始してしまった。
「超名案じゃん!!ウケる!!!!!!」
と女子の先輩たちも大笑いし、私はどうしたっておもらししてしまえない状況の中、ただただおしっこの出口に力を込めて、この人たちが飽きるまで我慢するしか無くなったのだ。

しかし、ずっと我慢し続けた尿意はもうとうに限界は超えていて、ほんの少しでも気を抜けばもう出てしまうところまできてしまっていた。

「・・・・かせてください・・・・トイレに行かせてください・・・・・トイレに行かせてください・・・・・・お願いします・・・・・・・・・」

私は最後の懇願をしたが無視をされてしまったので、悲しくて涙がでてきてしまった・・・・・。
そうして、私はもう、これ以上おしっこを我慢することが出来なくなってしまった・・・・・・・。
(でる・・・・おしっこがでちゃう・・・・でてしまう・・・・・・・・!)



少し、また少し漏らしはじめてしまってからほどなくして、これ以上ない経験の無いような強烈な尿意が襲ってきて、体が痙攣したかと思ったら遂に、一気におしっこが吹き出してしまい、私は遂におもらしをしてしまった・・・・・。

「わ!漏らした!こいつしょんべん漏らしてるぞ!!!」
「うわー、汚いし!おもらしとかありえないでしょー!」
「まだ漏らし続けてるんですけど!!!!」

などと罵られ続けならが、私は情けなく自分のおもらしの水たまりの中に座り続けるしかなかった・・・・・・。
(おしまい)

【あとがき】
今回は中学生の頃に噂で聞いた「女子バスケ部で実はいじめがあって、部活中トイレに行かせてもらえなくてEちゃんがおもらししたらしいよ」っていう話を元に空想してみました。
Eちゃんは小学校の頃から同じ学校で同じクラスになったこともあり、優しくて真面目で大人しい子だったので、なんだか可哀想になと思いながらもその話にドキドキしてしまった、そんな思い出です。
体育館での全校集会中、おしっこがしたくなってしまったのだけれども、私語をやめない生徒に対して先生が怒り出してしまい、とっくに集会は終了の時間になったけれども、集会は終わることなく、私はだんだんおしっこが我慢できなくなってきて、焦りはじめていた。
近くの先生に声をかけてトイレに行かせてもらおうかと何度も何度も悩んだが、1番厳しく怖い男性教諭が怒鳴り声をあげ説教を続ける中、とてもじゃないけれども動くことが出来ず、早く終わってくれることを祈りながら私はひたすら我慢をしていた。
早く終わりにしてくれないともう間に合わなくなってしまうのに、反抗的な生徒がそんな男性教諭に対して更に反抗的な態度を取るので、終わるどころか益々長引く空気になってしまい、そんな中、私はだんだん我慢ができなくなってきてじっとしていられず、そわそわと体が動き始めてしまった。
それから更に20分が経ち、私はもうおしっこがしたくてしたくてたまらなくなってしまって、ほんの少しでもいいからおしっこがしてしまいたい誘惑に駆られはじめてしまったが、ここはトイレではなく体育館で、ほんの少しだっておしっこをしてしまうわけには行かないので、辛くて辛くて涙が目に浮かびはじめてきたが、ただただ我慢することしか出来なかった。

そんな私の様子は周りから見てもおしっこを我慢している以外の何者でもないように映っていたようで、ふいに後ろからポンポンと肩を叩かれ、私はビクっとした。
優しい私の友達は私の姿に心配してくれていたようで、小さな声で「・・・大丈夫??」と声をかけてきた。
私は振り返って、小さく横に首を振り「もう、ほんとに・・・・・」とつぶやいた。
そして友人が「なんとかトイレに行かせてもらおうよ。誰か先生と目が合わないかな・・・」と言いながらきょろきょろと周りを見回したとたん、説教を続けている男性教諭が更に声を荒げた。

「今喋っているやつは誰だ!?」

私と友人はビクっとし、前を向き、ただただ怖くてもうそれ以上何も出来なくなってしまった。

「誰なんだって言ってるんだよ。喋ったやつは名乗り出ろ!名乗り出るまで終わりにしない!」
と、男性教諭はこちらの方を見ながら無言で睨み続けている。

私の足はもうガクガクに震え、もう我慢の出来ないおしっこにパニックになりながら、足をピッタリくっつけて制服のスカートを握って荒れ狂う尿意に泣きそうになりながら下をうつむき続けた。
私はもう高校生だ。今まで一度だっておもらしなんてしたことがないし、こんな大勢のクラスメイトに囲まれる中、おもらしをしてしまう訳にはいかないのだ。
それでももう我慢できなくなったおしっこは、少しずつ出てきてしまい、下着はもう濡れてきてしまったが、私はどうすることも出来ずに我慢を続け、遂に一筋、また一筋と足をおしっこが伝いはじめてしまった・・・・

(もう我慢できない・・・・おしっこがでちゃう・・・・どうしよう・・・どうしよう・・・・・・・)



私は長い長い我慢の末、遂にお漏らしをしてしまった。
足元には隠しようのない大きな水たまりが出来、周りは騒然とし、私はかけつけた女性教諭に肩を抱かれ、体育館を連れ出された。
とうとうお漏らししてしまった・・・おしっこを漏らしてしまった・・・・・みんなにお漏らしを見られてしまった・・・・。
私が去ったあとの体育館のことは知らない。これからどうしたらいいんだろうとかそんなことを考えながら、ショックで私は泣き続けた。
(おしまい)

【あとがき】
という空想でした。早速、こんなことしてしまった罪悪感にやられてきていますが、やられきらないうちにアップロードしてみました。明日になったら恥ずかしくて死んでしまいそうになってそう・・・・。
私は自分でこういうことをしておいて、おもらしの空想しながらおもらしをすると、おもらししてしまう瞬間に実際に学校でおもらししてしまった瞬間の強烈な羞恥の思い出とリンクしてしまって、どうしても泣いてしまいます。その瞬間だけ、あの時のあの瞬間になっちゃって、そして、こういうことがやめられないのです・・・・
今日、おしっこ我慢しながら冒険で銀行へ用事を済ませに行ってきて、なかなか呼ばれず凄くドキドキして帰ってきたのですが、家に帰ってもドキドキが止まらなくって、そのまま我慢し続けて銀行でトイレへ行けなくなってしまう想像しながら我慢続けてみました・・・・・・。
想像のお話と動画とご一緒に・・・・・。

(早く呼ばれないかな・・・。おしっこしたくなってきちゃった・・・。)
銀行へ口座を作りに行っていた私は、混んでいてなかなか番号が呼ばれない中、椅子に座って順番を待っていました。
(どうしよう。我慢できなくなってきちゃったけれども、今呼ばれちゃったら困るし、やっぱりもうちょっと我慢してみようかな・・・・?)
と、私はなかなか自分の番号が表示されない電光掲示板を睨みながら少しソワソワしていました。
(おしっこもれちゃうから早くして!!)
すると、銀行の入り口あたりから、女性のキャーーー!!!という叫び声が複数聞こえてきたのです。
(えっ?!)
何だろうとビックリした次の瞬間、武装した強盗団が乱入してきて一発銃声を鳴らし、動くな!!とこちらへ銃口を向けているのです・・・・・・・!
(えっ・・・・・・?!どうしよう・・・どうしよう・・・・・)
私たちは端の方に寄せられ、元々奥の椅子に座っていた私はそこから一歩も動かず、とにかくとにかくじっと息を殺していました。

そうして一時間。
犯人たちは銀行内に立てこもり、外へ向けて何かを要求し続けています。
外はどうやらテレビカメラも来て大騒ぎになっている模様です。
(どうしよう・・・・どうしよう・・・・・・・・・・・・)
私はというと、強盗団の怖さと合わせて、もう我慢しきれない尿意と戦っていました。
(どうしよう・・・・・もう我慢できない・・・・・どうしよう・・・どうしよう・・・・・)
(おしっこが漏れちゃう・・・もう我慢できない・・・・・)
尿意は限界を超えてしまったのに、私は我慢し続けるしかなかったのです。
(漏れちゃう・・・・・!おもらししてしまう・・・・・・!!)



皆が息を殺し、シーンとしていた銀行内に私のおもらしの音はビチャビチャと響き渡りました。
驚いてみている人、哀れんでみている人・・・・・・

その後すぐ、犯人たちは拘束され、私たちは解放され、
私は隠しきれないおもらしのシミを付けたまま報道陣や中継のテレビカメラの前へ出て行くのでした・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。